スロットハイエナメインの立ち回りで期待値プラスを披露していくブログ
期待値プラスのスロットデキレ劇場   
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002年12月
2002-12-31-Tue  CATEGORY: さるさるコピペ
■2002/12/31 (火) 2002年スロ(&パチ)の月間収支vol.4
<10月>
さて、リノが完全に姿を消してしまったし、今後勝つのに苦労するかもな~。
と思ってたら、しょっぱなは負けまくり。7日までの収支が-115K。あー、10月はもう終わったな、と思ってた。
でも、猛獣の5っぽい台でサバ33連を記録して、プラス領域に。(ただし、6じゃなさげだな~と思いヤメたら、その後、万枚出されたことはナイショで)
あと、ミリゴで神を2回降臨させたりとか。(ただし、その2回ともジェットカウンタで数%引きを食らってることはナイショで)って、なんで2回神引いてミリゴ収支+11.5Kなんだ?
まあ、そんなこんなで、終わってみれば10月もそこそこのプラスに。
ちなみに、9月3日~10月31日まで、59日間連続稼動という嬉しいような悲しいような記録を樹立。

(お世話になった機種)
 猛獣王 +158.5K  パニックザウルス +104K

10月の収支:+474.5K
 
 
<11月>
さて、10月のようにならずに順調な勝ちたいな~と思っていたが、8日の時点で-94.5K。さらに15日の時点でもまだマイナス。あー、今月こそもう終わったなと。
そんな状況を助けてくれたのが、モグモグ風林火山。
11月で一番印象深い出来事。モグ風を打ってるときに、隣のオヤジに3連絵柄が目押しできないから代わりにビッグ消化してと遠まわしに言われ、仕方なくビッグ消化する(ハズシの機会なし)。で、その直後に自分もビッグ。残り30GJACIN、残り29G保険ハズシミスでJACIN。そして、残り27Gであーーー!!ハズシミスった!!399枚しか出せず、隣のオヤジに「あれ?なんでそんなに枚数少ないんですか?」と言われて、殴りたい衝動を抑えるのに必死だった。でも、そのときは20連達成して全国制覇出したけど。
というわけで、最終的にはまあ許せる収支に。

(お世話になった機種)
 モグモグ風林火山 +237K

11月収支:+299.5K
 
 
<12月>
さて、今月も無難に300Kほど勝てれば、去年の収支上回れるな~。たぶんいけるでしょうと思ってたんだが。勝てない勝てない・・・。まあ、稼動がいつもの月より少なかったってのもあるけど。
そんなわけで、特筆するような大きな浮きもなく今年最低の月間収支を樹立。
最終的に、年間収支は去年の収支に約200Kほど及ばず。ちっ。

(お世話になった機種)
特にナシ・・・

12月収支:+108.5K


■2002/12/31 (火) 2002年スロ(&パチ)の月間収支vol.3
<7月>
ついにV2との破局を迎える。7月のV2収支はマイナス。
そんな中、登場したのが爆裂王。レグハイエナの術をメインに立ち回る。まあ、すぐ使えない状況になったけどさ~。
7月はいろんな機種でまんべんなく勝ってるな~。リノ、ツイストはちっとも勝ってないが。
で、7月に一番勝ってるのがなぜか島唄。7月はオイシイ台がたま~に落ちてて、無難にストック放出させてたんだよね~。
あと、ミリゴで基本仕様がわからない時期に、GG連で8000枚出して、その後オール自力の天井到達の単発をやったりとか。今じゃ絶対やらねーな。
まあ、個人的に一番嬉しかったのは、花伝説の最初で最後の爆連だが。

(お世話になった機種)
 島唄30 +239K  爆裂王 +184K

7月収支:+727K
 
 
<8月>
この月から、ガイキチこと大吉倶楽部のハイエナの術を覚える。背景だけチェックすればいいんで楽だからね。でも、ハイエナすべき台をチェックするのは簡単だが、ビッグは自力で引かなきゃいけないんで、そこは結構つらいわけだが。
後半は院試の勉強をしてるフリをしなければならなかったので、あんまり打てず。そんなこんなで収支は伸び悩み。

(お世話になった機種)
 大吉倶楽部 +205K

8月収支:+248K
 
 
<9月>
院試がいろんな意味で終わった反動で打ちまくりの勝ちまくり。
しょっぱなはダブルミリオンを本気で狙ってたんだが、もう9日~11日でのショックがあまりに大きくて、特に満月が・・・。あ~~、今思い出してもくやしい~。何があったかは過去の日記をご覧あれ。というか、9月のスロ日記は全部書いてるな。
でも、ミリゴで念願の神を降臨させたりもした。最初の神を消化中に、もう1回神を降臨させたりもした。後日、また神を降臨させたりもした。
それでもミリオンって行かないものだね。あの満月さえ取ってれば!(本当にしつこい)

(お世話になった機種)
 ミリオンゴッド +314K  大吉倶楽部 +158K  リノ +143.5K

9月収支:+847K 

■2002/12/31 (火) 2002年スロ(&パチ)の月間収支vol.2
<4月>
はい、もうトリ君の目にはV2しか見えていません。とにかくV2のゲーム数履歴をチェックしまくりの日々。さすがにライバルも多くなって厳しかったりもしたが、それでもそれなりの収益をあげる。
あと、大友康平でリセットM入れてる店があったんで、ちょくちょく行ってた。
リノやらツイストやらも、ちょくちょく打ってたんだけれどもたいした収益にならず。特にツイストは精神的疲労のみが溜まる。

(お世話になった機種)
 サンダーV2 +303K  ハウンドドッグ +129.5K

4月収支:+534K
 
 
<5月>
やっぱり5月もV2、トリ君とV2は運命共同体。まあ、さすがに打つ台見つからなくて辛かったが。
で、5月のリノのご機嫌はまあまあだった。
ツイストのご機嫌は相当悪かったようで5月のツイスト収支はマイナス(笑)。だって、設定1の確率でレグが成立してくれないんだもん~。半コマはトリ君はやるだけ無駄。まあ、多少やったけど。
あ~、5月の途中から、スロ日記書いてるんで、見たい人は過去の日記を参照して見てくださいな。
ここぐらいまでは、いったい2002年はいくら勝てるんだろうな~と希望に満ち溢れていたな~。

(お世話になった機種)
 サンダーV2 +276K  リノ +207.5K

5月収支:+506.5K
 
 
<6月>
あんなに愛しいV2が、今月はトリ君にあまり微笑んでくれなかった。もう、そろそろV2とのお別れの時期が近づいているようだ。
そんなこんなでリノから強引にストックを搾り取る日々。
新たな出会いを求めて、花伝説と戯れたりするが、彼はトリ君に冷たかった。
そろそろ立ち回りに行き詰まりを覚え始めた6月。
ちなみに6月のスロ日記は、打った日全部書いております。

(お世話になった機種)
 リノ +236.5K

6月収支:+293K

■2002/12/31 (火) 2002年スロ(&パチ)の月間収支vol.1
はい、これを書いてるのは1月6日ということは、またまた内緒で。
じゃあ、これまた予告通り、月間収支を多少のコメントとお世話になった機種などを交えて発表しようかなと。
 
 
<1月>
何打とうかな~、他に打つ機種も見当たらないしな~、去年に引き続きリノをメインで打っとくか~、みたいな月だった。
島唄での最高投資額で69Kってのがあるな~。まあ、島唄で最高がこの程度で済んでるんだからトリ君は恵まれてるのだろう。このときも投資以上に(95.5K)回収してるしね。

(お世話になった機種)
 リノ +338K

1月収支:+468.5K
 
 
<2月>
2月10日、この日は2002年で最も衝撃的な1日だった。サンダーV2で、初打ちで初ビッグ引く前に第3天井突入。ちなみにこのV2、ビッグ間約6000Pハマリを記録(自分の打った分は約4300P)。で、50連分ぐらいを消化したところで閉店。しかし、その前に打ったリノのレシート(12K分ぐらい)を紛失。溜め息まじりの中、V2の分の229K分の景品を交換所に持っていくと、出てきた金額がなぜか290K。これだけのことが複合する日は一生に一度あるか無いかぐらいだと思うぞ。
その事件以来V2の天井をひたすら追う日々。リノが厳しくなってきただけにV2という救世主の登場は助かったな~と。
あと、打ち子を何回か依頼してみたりしたが、やっぱりトリ君の肌には合わないかな~と感じたりとか。

(お世話になった機種)
 サンダーV2 +508K  リノ +199K

2月収支:+820K
 
 
<3月>
留年の危機があったんで、2月と3月は学費稼ぐためがんばって稼動してたな~。まあ、留年は回避されたが。
先月に続いて、やっぱりV2を天井狙いでメインで打ってたり。
で、ツイストが登場。高設定&ストックたんまりな台を狙って、前半はかなりの収益。
で、3月28日の最高時点では、今月の収支が+994Kまで行ってた。これはミリオンもらったなと思いながら、その後ツイストを打って、その日の勝ち額を56Kほど少なくした。
さらに30日にもツイストで-65K。この日は2002年のワースト収支-75.5Kを叩き出すことに成功。
まあ、でも打てる台がすんなり見つかるという点では楽だったな~、この頃は。

(お世話になった機種)
 サンダーV2 +325.5K  ツイスト +231K  リノ +143K

3月の収支:+879K

■2002/12/31 (火) 2002年スロ(&パチ)の機種別収支
は~い、おまたせしました。これを書いてるのが1月5日なのは秘密です。
それじゃあ、予告どおり、スロの機種別収支をランキング形式でお届けしようかなと。
1位はトリ君を知らない人にとっては結構意外な機種かも。

10位 猛獣王 +180K
まあ、ほとんど天井狙いですがな。強引に打つことが多かったんで勝ったり負けたりでこんなもん。

9位 ハウンドドッグ +237K
リセットMが入ってる店があって、一時期お世話になってた。1P目でデジタル回って、2P目で遅れてチェ揃わず、ベットしてズギャンが最高。

8位 ミリオンゴッド +265K
これが8位ってのが信じられん。神を5回光臨させてこの程度。

7位 キングパルサー +271.5K
前半はトリ君との相性が最悪の機種と思い込んでいたが、後半はそうでもないことに気づいて結構打った。同じ仕様のパニザは16位の+114K。

6位 モグモグ風林火山 +277.5K
モグラ叩きで軍配でぶっ叩くアクションが起こったとき、ダイの大冒険のポップの重力魔法「ベタン」を思い出すのは、たぶんトリ君だけであろう。

5位 ツイスト +309.5K
1でもストックがたんまりあれば110%と考えて打つようになってから全く勝てなくなった機種。半コマできたらどんなに素敵なことになってただろう。

4位 大吉倶楽部 +362K
通称ガイキチ。ガイキチと言えばやはり9月9日と10日の出来事だな。日記をさかのぼって見てくださいな。涙なくしては見れないんで。

3位 島唄30 +414K
ほう、島唄が3位とは。あまりいい台落ちてなかったけど、打ったときの時給はムチャクチャ高いと思う。ちなみに半コマに挑戦してるときより、普通にボーナス狙った方がBIG揃うこと多かった(笑)。

2位 リノ +1360K
2位と3位ではかなり差が開いたな~。たぶん2002年で一番打った時間が長い台じゃないかな。ストック機の最高峰だと思ってますがな。

1位 サンダーV2 +1488.5K
悪いが、トリ君はV2に選ばれた人間だから。だって、初ビッグ引く前に第3天井突入したから(笑)。とにかく天井狙いが甘かったなと。で、IR入りまくり、SIRも5回経験。やっぱり選ばれてるな。

■2002/12/31 (火) トリ君の年間ランキング批評vol.3(上)
さてさて、おまっとさん。(なぜかキンキン)
それでは、年間トリコンシングルランキング20~1位を一気にお見せしたりしなかったり。いや、するけど。
あー、去年のランキングはココ

調べたら、年間ランキングつけるの今年で4年目なのな・・・。

それでは、モダンチェキチェキーズラ。
 
 
20 youthful days /Mr.Children
去年4位で、今年20位。今年発売だったら1位にしてたりしてなかったり。でも、桜井以外のメンバーの名前をいまだに覚えてないのはナイショで。

19 ささやかな祈り /Every Little Thing
みんな気づいてないかも知れんが、「すべては些細なことさ」っていうグループ名とこの曲名は素晴らしくマッチしてるんだよ。気づく必要もないが。

18 Way of Difference /GLAY
次郎人気はどうなったんだ?やっと、コンサート時の次郎と卓郎の声援は同程度になったか?いや、それはないな。久司は子供の頃、落とし穴とか作って喜んでそうだ。

17 そうだ!We’re ALIVE /モーニング娘。
基本的に牛娘の曲というだけで毛嫌いするトリ君だが、素直に受け入れてしまった曲。やっぱり、ヒトエはどのグループでもダメだよな~。

16 Child prey /Dir en grey
これを好んで聴くことで、「あー、オレはまた心が狭くなったな~」と実感できる曲。彼らは私生活だとガラリと変わって、子犬とか抱きかかえてスリスリしたりするのかな~。いや、それはないな。(きっぱり)

15 童貞ソーヤング /GOING STEADY
この曲、タイトルを毛嫌いして買うのを控えるやつとかいるんじゃないか?とか思ったが、曲を聞くと、このタイトルでひくヤツはもともと彼らのファンにはならないということが理解できる。

14 赤橙 /ACIDMAN
タイトルが赤痢に似ているから気に入ってるわけじゃない。彼らのシングル聴いて、良い曲作ってるな~と思って、アルバムを落としたが1回しか聴いてない。

↓13位と中途半端なところから下に続き。

■2002/12/31 (火) トリ君の年間ランキング批評vol.3(中)
うい、↑の続き
 
 
13 ~Midnight Dejavu~色彩のブルース /EGO-WRAPPIN’
去年と今年で売り上げが分散されてるから、今年だけだとこれぐらい。(トリコンの売り上げってなんだ?)まったりと激しく、古くて新しいデラべっぴん。

12 BE HAPPY 恋のやじろべえ /タンポポ
トリ君の中のハロプロの今年のベストヒットは、綾矢でも幹茶でもない。田んぼぼだな~。で、以前に書いたが、前のメンバーのままでこの曲を出してくれと。

11  Life goes on /Dragon Ash
この曲はなぜか癒し系の曲に感じるな~。ま~ったりと時が流れつつも、時々なにかしら問題が起きたりして、でもやっぱり基本はま~ったりと。そんな感じで来年も。

10 鉄風鋭くなって /NUMBER GIRL
2年前の曲だけどね。この曲はホントに鉄風という得体の知れない物体が鋭くなって、頭の中のいたるところに刺さってくるね。シングル以外なら他にもいろんな曲を挙げたいんだが。

 9 Any /Mr.Children
ミスチルの評価には甘いトリ君。なんかPVで椅子に深く座って歌ってる姿が妙に頭に残ってて、誰かがそんな感じで椅子に座ってる状況を見ると「い~ま、ぼく~らの・・・」とトリ君の頭の中で流れ出す。

 8 大切なもの /ロードオブメジャー
このPVで手の甲の方を見せながら歌ってる映像が焼きついている。歌うときは、あんな感じに手をやって歌いたくなる。結婚会見で、指輪を見せるときも頭の中でこの曲が流れるかなーと思ったが、そんなことなかった。

 7 この手のひら /古内東子
「母の告白」っていうドラマの主題歌。このドラマ、流行語にもノミネートされた「真珠婦人」の1個前のドラマ。要するにトリ君は流行を先取りしてると。ドロドロさの面で言えば「母の告白」の方が上だと思うが。いや、どっちもチラっとしか見てないが。

 6 くちばしにチェリー /EGO-WRAPPIN’
この曲は、エゴラッピンの中でもけっこう意外性の高い作品かと思われ。というか、この人たちはこういうアップテンポの曲の方がうまいと思うんだが、スローテンポの曲が多いんだよな~。

↓じゃ、ベスト5

■2002/12/31 (火) トリ君の年間ランキング批評vol.3(下)
あー、やっとベスト5までやってきましたがな。惰性で書いてやる。

 5 FILTH /Dir en grey
もうねー、この曲の歌詞は汚い。2重の意味で汚い。下品極まりないという意味での汚さと、その異常な歌詞が笑いすら生み出してしまうぐらいのインパクトを与えるという汚さ。で、ここまでやらかしてくれると何か妙な爽快感がにじみ出てくるんだよ。ちなみに、これは去年発売の曲。

 4 Brand-new Myself~僕にできること /CHARCOAL FILTER
なんか、すんげえ単純でありきたりな曲だとは思うんだが、ここまで単純な曲を歌うアーティストって最近少ない気がするからね~。で、単純であればあるほど、気に入ったときに頭の中でループしやすいというのがあるし。
ボーカルは大塚製薬の会長だか、社長だかの息子らしい。あー、たしかに金の余裕が曲の余裕として現れている(笑)

 3 君が好き /Mr.Children
ホントに寒い冬の夜に、コンビニに行く途中とかで歩きながら口ずさみたくなる曲。日常のありきたりの光景のふとした想いを、そのまま曲にしたような感じだね~。これ聴くとなんか泣きたくなるんだよ、ホントに。
1年間通して頭の中で流れてたな~。

 2 STAND BY YOU!! /SHAKA LABBITS・175R
なんなんだろうな~。特に何がいいってわけでもないんだが、トリ君の頭から離れなかった。まあ、とりあえずひたすら明るい曲。これを歌っとけば、「君って悩み事がなさそうだよね~」って思われること間違いなし。いや、ホントにこの曲何がいいんだろ。(自分に問いかけ)

 1 FANTASISTA /Dragon Ash
やっぱり、この曲がダントツ1位だな~。週間1位獲得数がダントツの7回だからね~。
ヒップホップの嫌なところって、サビ以外のところはラップが多くて適当に作ってるように聴こえてしまうっていうのがあるんだ。でも、この曲の場合、ラップじゃないから(ラップなのかも知れんが、ラップっぽくないから)、サビ以外でも非常に心地よく聴ける。サビも頭の中でリピートしやすいんだが、それ以外の部分も良いんで、そこはそこで、またリピートする。とにかく1曲通してすべてが良い。

あー、書くのつらかったーー。

■2002/12/31 (火) トリ君の年間ランキング批評vol.2
さて、今度はアルバムランキングでも。

5 jupiter /BUMP OF CHICKEN
まあ、期待して聞いて、とりあえず期待通りだったかなーっていうアルバム。ただ、ひねりはあんまり感じられないなー。もうちょっと何かやらかして欲しい気はする。
天体観測はやっぱりいいよなーと再確認はできる。

4  IT’S A WONDERFUL WORLD /Mr.Children
まあ、良いアルバムだとは思うよ。だけどミスチルとしては物足りないんだよな~。どうしてもミスチルのアルバムは期待してしまうから。
ミスチルのアルバムって、無理にシングル入れなくてもいいんじゃないか?って思うことが多いんだが、この作品はシングルがなかったらどうなるんだろうなーって気はする。1曲1曲として聴くといい曲は多いんだけど、アルバムとしての統一性は欠けてるかなと。
ただ、収録されてるシングル3曲は素晴らしい。

3 HIGHVISION /スーパーカー
トリ君のアルバムの良し悪しを決める基準の中で、統一性というのは非常に大きなウェイトを占める。その統一性という面から見るとこのアルバムは完璧に近いと思う。
普通、アルバムを聴いてると、なんだかんだで気に入った曲が出来て1曲だけリピートして聴いたりしたくなるんだが、このアルバムはほとんどそれが起こらないんだよね。アルバムの曲順を守って聴きたくなる。

2 Night Food /EGO-WRAPPIN’
もうねー、このアルバムは、1曲目の「BIG NOISE・・・」から2曲目の「くちばしのチェリー」へと移り変わる、その自然さ爽快さ心地よさ。これに尽きる。それだけで2位にしたようなものだから。
他の曲は・・・正直あんまり印象に無い(笑)

1 NUM-HEAVYMETALLIC /NUMBER GIRL
あー、ここまで衝撃を受けたアルバムってひさしぶりかも。メロディも歌詞も何もかも斬新すぎる。今までの作品を全く知らずに聞いたから余計にね。そりゃー、解散は惜しまれるよなって感じ。
でも、いきなりナンバガの進化系を聴いてしまってちょっぴり損したかなって感じはする。初期の作品から徐々に聴いてここにたどり着くべきだったかなと。ミスチルのアルバムでいきなり「深海」を聴いてしまったときとよく似てる。

■2002/12/30 (月) トリ君の年間ランキング批評vol.1
はいはい、トリ君の自己満足のみで続けてきた週間ランキング。
これをより自己満足に締めくくるための年間ランキングを行いましょう。

それでは、シングル30~21位をチェキっ娘ラ。
 
 
30 ハピハピバースデー /岡本真夜
歌うと非常に恥ずかしい誕生日ソング。なんか、29位までは意外にすんなり決まって、30位だけ妙に悩んだ。

29 SAMURAI DRIVE /hitomi
日登美が結婚したことを、年末の芸能総集編みたいなヤツで知った。とりあえず、なぜ侍がドライブなのかを解くカギにはならなかった。

28 アレグロ /ACIDMAN
アレグロとは(音楽の速度標語の一。「速い速度で、軽快に(演奏せよ)」の意。また、その速さで演奏する曲や楽章。)ほう、なるほど。

27 流星群 /鬼束ちひろ
獅子座流星群とまったく関係ない時期に発売された曲。鬼束は、フライドチキンをものすごい勢いで食い漁りそうだ。

26 Feel fine! /倉木麻衣
いまだに倉木のあの洗脳コメントの化けの皮が剥がれてないというのは実はすごいのかもと思ったり思わなかったり。

25 Mugen /ポルノグラフィティ
「夢幻」と「無限」をかけたんだねと、あまりに露骨にわかりすぎる歌詞が素敵な曲。タンクトップドレッサーという賞があったらアキヒトはきっともらっているだろう。

24 independent(『H(independent,July 1st,HANABI)』 /浜崎あゆみ
オリコン年間1位でも、トリコンではこんなもん。

23 ROCK STAR /SOPHIA
この曲調がどうロックスターなのかは、ここで論議しても埒があかないんで、次回までの宿題。

22 エスコート /ゴスペラーズ
ゴスペラーズにエスコートされるのは、果たして心から喜んでいいのか悩んだり悩んだり。

21 Forever to me~終わりなき悲しみ~ /the brilliant green
バンド活動を再開したら全く世間から注目されなくなった為替トミー率いるブリグリ。ブリグリらしく暗くて良いと思うのだが。
 
 
年間トリコンシングルランキングの続きは、また明日と。


■2002/12/26 (木) トリ君の週刊ランキング批評(北方領土まるごと編)
 1 ↑ 鉄風 鋭くなって /NUMBER GIRL
 2 ↑ クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって /クレイジーケンバンド
 3 ↑ Forever to me~終わりなき悲しみ~ /the brilliant green
 4 ↑ HERO /Mr.Children
 5 ↓ 大切なもの /ロードオブメジャー
 6 ↓ STAND BY YOU!! /SHAKA LABBITS・175R
 7 ↓ 透明少女 /NUMBER GIRL
 8 ↑ SOUL /LIV
 9 ↑ It Takes Two /CHEMISTRY
10 ☆ スノースマイル /BUMP OF CHICKEN

1位、数の子。
学校の研究室で、ナンバーガールの曲をかけまくって、周りをひかせてる今日この頃。

2位 クレイジリー岡田。
「クリスマスなんて~」の方は無難な曲なんだが、それと同時発売の「タイガー&ドラゴン」も注目。何のヤクザ映画の主題歌だよと言わんばかりの曲。PVは女のケツをわしづかみにしてるし。
まあ、こっちの「クリスマスなんて~」は明らかに売るために作った曲ですな。
 
 
どうでもいい予告。
一応、30、31日に渡って、今年度のトリコンのランキングをやる予定。
2日に分けてやるのは、引っ張るとアクセス数があがる傾向にあるため。

あと、31日には今年度のスロ(パチも若干含む)の機種ごとの成績と、月間収支発表の予定。
果たして、トリ君は去年の収支(記録が消えたんで正確にはわからんが、6.4Mぐらい)を超えられたのか!まあ、身内にはほとんど暴露してるんだが。

■2002/12/26 (木) 今日という1日(3)
最近、まぶたがピクピクと痙攣みたいな感じになることが多く、「今ならまぶたで空を飛べる気がする」と主張しても反応がまったくなかった1日。

■2002/12/25 (水) 今日という1日(2)
あなたの誕生日が前日に盛り上がりすぎて当日しらけてたらイヤでしょ?それと同じで、キリストさんの誕生日であるクリスマスもイブではなく当日に盛り上がるべきだ!と、トリ君が毎年言ってることを今年も主張しても反応が極めて薄かった1日。

■2002/12/22 (日) 今日という1日(1)
キリストの誕生日であるクリスマスもイブに盛り上がるんだから、天皇誕生日イブで盛り上がってもいいじゃないかと主張しても反応の薄かった1日。

■2002/12/20 (金) ぐふっ!
あーーー、つい口が滑ってしまった~~!

学校の研究室のメンツに、この「トリのひトリごと日記」の存在をポロリと明かしてしまった・・・。
 
 
 
というかねー、正直、この日記を見られたことよりも・・・。
 
 

この日記を読んでの反応が、どうもイマイチだったのがショックだった・・・。

オレがこんな日記を書いていても、意外性がないのかも知れんな。

■2002/12/19 (木) 常識クイズ
昨日の研究室での会話。
 
 
N君「(ネットで紅白歌合戦のメンバーが載ってるページをみながら)紅白歌合戦って、今年から男女に代わったんだな。」

トリ「??んっ??どういうこと???」

N君「なんか今年から紅組が女で、白組が男になってるんだよ。」

トリ「・・・・えっ?それって、ずーーーっと昔からなんだけど。」

次の瞬間、トリ君と、そこにいた先輩の2人で大爆笑。
まさか紅白歌合戦で、紅白が男女に分かれてたことをずーーっと知らなかったヤツがいるとは思いもしなかった。

で、トリ君はそんなの常識だと言ったが、N君は「いや、自分以外に知らないヤツも結構いるはずだ」と言い張る。
そんなわけあるはずない。日本国民なら常識中の常識だ!そんなことわかってなきゃおかしいっつーの!
 
 
その後、研究室にH君が入ってくる。そこで、H君に聞いてみる。

トリ「紅白歌合戦で紅組と白組に分かれるじゃん。あれって男女に分かれてるって、もちろん知ってるよね?」

H君「えっ?なにそれ?」

・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
ここで、みなさんに緊急アンケートです。

「紅白歌合戦で、紅組=女、白組=男、と分かれていることは常識だよな?もし、知らなかった人がいたら名乗り出てくれ!」

えーー、意外に知られてない事実なのか?絶対そんなことはないと思うが・・・。

■2002/12/19 (木) トリ君の週刊ランキング批評(もずくにダイブ編)
 1 ↑ 大切なもの /ロードオブメジャー
 2 ↑ 鉄風 鋭くなって /NUMBER GIRL
 3 ↑ 透明少女 /NUMBER GIRL
 4 ↑ STAND BY YOU!! /SHAKA LABBITS・175R
 5 ↑ NUM AMI DABUTZ /NUMBER GIRL
 6 ↑ Forever to me~終わりなき悲しみ~ /the brilliant green
 7 ↑ 花園キネマ /PENICILLIN
 8 ↓ 赤橙 /ACIDMAN
 9 ☆ HERO /Mr.Children
10 ↓ もらい泣き /一青窈
 
 
1位、巻尺への道の舗装
このご時世にロングセラーですな。あっさりテイストに見えて意外にスルメソングだからな~。でも、ミリオンは無理だろうな~(やたらとこだわる
)。

また、トリ君の中でブームが沈静化したと思われた数女がまた上昇。やっぱりいいよ、数女。

あーー、ミスチルのシングルでここまで駄作だと思ったの初めてかも。
まあ、ミスチルでも第一印象がそこまで良くなくても後々にいいと思った曲はあるけどさ~。ユースフルとか。
それにしても、ミスチルなのにグッと来るものがあまりになさすぎる。今までオリコンの連続初登場1位が途切れて欲しくないと思ってたけど。もう、どうでもいいやと思ったからな~。

■2002/12/18 (水) 30HIT突破記念!トリ君の暴露話 vol3
さてさて、このvol3で最終回です。vol1から読んでくださいな。
例のごとく、太字、赤字を間違って見ることなく。
 
 

さて、動物園から出てきました。
ゴリラ以外の動物を見ることなくね。

というかねー、明らかにA子さんが失望の眼差しでトリ君のことを見てるのですよ。
「もっと子供のようにキャーキャーはしゃいで一緒にゴリラを見てくれる人だと思ってたのに」だってさ。

その後、ローテンションのまま、適当に上野ぶらついたりメシ食ったりして解散です。
で、解散後、「おつかれ~」みたいなメールを送っても一切返事なし。その後の交流も一切なし(笑) 
 
というかねー、ぶらついてる間にねー、A子さんの話を聞いてると凄まじすぎるんだよ。
実はねー、A子さんは人妻なんですよ。そこまでは、最初の電話のときに言われて知ってて、会ってるんだけど。
もうねー、話してると次から次へと衝撃発言が。
 
 
 

A子「前の彼氏は、一緒にゴリラを見てキャーキャーはしゃいでくれた。」
トリ「んっ?前の彼氏ってだんなとは違うの?」
A子「あんなのと一緒なわけないじゃん」

・・・。

トリ「ダンナって何してるの?」
A子「何もしてないよ。」
トリ「仕事してないの?」
A子「私が養ってるみたいなもんだから。向こうはこっちが何やっても何も文句が言えないみたい。」
(A子さんは洋服屋かなんかで働いてると言ってた気がする)
 
・・・・・・。

A子「あー、この服いいな。」
トリ「んっ?これ、子供服じゃん。えっ?まさか?子供いるの?」
A子「いるよ。2人。」
トリ「・・・子供は今何してるの?。」
A子「さあ。旦那が面倒見てるんじゃない?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

トリ「というか、やたらとメールしてるよね。」
A子「うん、今は大阪の人と。」
トリ「さっきは、盛岡の人とメールしてたよね?」
A子「全国各地にメル友がいるからね。いろんなところに行き来してるから。」
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
トリ君はつらかった。
今までこの話を誰かに伝えたくて伝えたくて、でも今まで誰に言えなかった。
今日、この日をもってやっとトリ君はこの重荷をはずすことができた。
(完)

■2002/12/17 (火) 30HIT突破記念!トリ君の暴露話 vol2
さて、昨日の日記を読んでない人は、2つ↓の日記から見るように。
その際に、間違って太字、赤字の部分を見てしまわないように。
 
 
またまた朝にA子さんから、電話がありました。
「今日もまた、○○○○○の×××を見に行くから、一緒に行かない?」
えっ?この前、見に行ったばっかりでしょ?(3日前も実際に1人で行ったらしい)
しかも、あなた群馬に住んでるんでしょ?なんで、わざわざ東京に数日のうちに2度も×××を見に来ようとするんだ?

変な人だなーと思いつつも、その日は何も用事がなかったし、それよりもA子さんに会ってみたかったんで、まあ、快くOKした。
待ち合わせ場所は○○○○○の前ということに。
 
 
 
 
 
 

さーて、待ち合わせ場所にやってきました。
その待ち合わせ場所とは上野動物園の前。はい、○○○○○は上野動物園です。

A子さんはもう着いてるらしいが、姿が見当たらない。どこだどこだ?
電話をしてみると、「えー、すぐ近くにいるよ。こっちからは姿を確認できてるよ。」んっ?どこどこどこ?
あっ、木に隠れるようにA子さんがいました。
なぜ、隠れるようにいたか、今、改めて考えると・・・
オレの姿を遠目で確認して見た目がやばそうだったら逃げる予定だったのだろう・・・。

とりあえず、無事にA子さんと合流。A子さんは見た目的には、まあ、普通の人。背が低いのはトリ君好み。
そんなわけで、2人で会話を交わしつつ動物園の中に入る。
 
 
 
 
 
 
さて、目的の×××のオリの前にやってきました。
その×××とは・・・

ゴリラ
 
まあ、ゴリラ好きなのはいいとしよう。むしろ、それは個性的な一面だと思うよ。
でもね・・・
 
 
30分経過・・・
 
 
1時間経過・・・
 
 
一体、いつまでゴリラを見続けているつもりだい?
しかも、ただ眺めてるなんてもんじゃないから。

1時間ゴリラに釘付けだから。

あー、正確にはずっと釘付けだったわけじゃない。たまーに、メール打ってます。で、その後、ゴリラに釘付け。メール打ってゴリラに釘付け。メール打ってゴリラ。
まあ、どっちにしろ
トリ君は、完全にそっちのけですが。

さらに、明日に続く・・・

■2002/12/16 (月) というか
↓の暴露話、どの程度の人が結末に期待してるのだろうか。
う~む、トリ君が見知らぬ人からの反応も知りたい。

さあ、そこのひっそり見てる読者よ。カミングアウトするチャンスだ!
感想があったらトリBBSに書いてくださいな。

ちょっくら、サル日記の掲示板にもこの日記の宣伝活動してみようかなーっと。
アクセス数も38と減少傾向にあるようだし(笑)。

って、これでオチがつまらないと思われたらどうしましょう・・・。


■2002/12/16 (月) 30HIT突破記念!トリ君の暴露話 vol1
さて、この下の日記でも予告した通り、とあるメル友と会ったときの話を。
これは今まで誰にも話したことありません。真の意味で初公開です。

えーーと、大学3年生になったばっかりぐらいのときの話だから、1年半ぐらい前になるのかな?結構前の話です。

とある携帯のサイトでA子さん(仮名)と知り合いました。年齢はその当時で、たしか25だったかな?トリ君はそのとき22だったんで、3つぐらい年上だったはずです。
で、A子さんは群馬県に住んでいます。(トリ君は神奈川県に住んでます。知らない人がいるかもしれないので一応。)

さて、A子さんとさくさくとメールの交換が進んでいきました。
それで、メール始めてから5日ぐらい経って、A子さんが朝に「今日、東京に行くから会いたい」みたいなメールを送ってきました。
で、その日にトリ君はどうしても抜けられない授業があったんで、泣く泣くA子さんに「今日はちょっと授業があるから無理かな~」みたいなお断りのメールを送りました。
そうしたら、A子さんは「今、電話してもいい?」と。
で、電話OKのメールを送ったら、A子さんから電話がかかってきました。
(ちなみに川平慈英フォンのスカイメールでやりとりしてたので、あらかじめ電話番号は知っていたんで。)

で、電話を取ったところ、ちゃんと女性の声でした。
あー、ネカマに騙されたと予想していた人、残念でしたね~(笑)
話が逸れるけどさ~、電話して相手を確かめることなく待ち合わせに行くヤツって実際にいるのか?さすがにオレでもそれは信じられないし、できないんだが。
こんな愚かなトリ君でも、騙されて、待ち合わせで誰も来なくて、みたいなことは一度もありません。

じゃあ、話を戻してと。
A子さんは電話で以下のようなことを言っていました。
「トリく~ん、会ってくれないの?今日さー、東京の○○○○○に×××見に行こうと思ってさー。一緒に見に行こうよ~。」
あえて伏字にしておきます。隠すつもりではなく、伏字にしといた方が話の流れ的に面白いかなと。
トリ君は笑いながら聞いてましたが、やっぱり今日は授業に出なきゃマズイということでお断りしました。
「そう、残念だな~・・・。じゃあ、一人で行くよ・・・。」
と、A子さんはしょぼくれた声で言いました。

しかーし、その3日後ぐらいに・・・。
この続きはまた明日だな(笑)

■2002/12/15 (日) 誰だ誰だ誰だ誰だ誰だ~?
先生は怒っています。
みなさん、もう一度目をつぶってください。
そして、犯人はしょーーーーじきに手をあげてください。
ガタン・・・
ダメです!音のした方を見てはいけません!
 

昨日の日記で
>誰が、トリ君の日記のカウンタを不正に操作しているのですか?
と書きました。
これを書いてる時点では半ば冗談で書いてました。

しかーーし、昨日のカウンタに関しては間違いなく操作されました!
昨日のカウンタ数は、なんと驚きの47HIT!

なぜ、操作されたと断言できるか。
サル日記で、アクセス数とかが見られるのって午前3時以降なんだよ。で、3時直後にアクセス数を見たときは4HITだったんだ。
しかーし、その10分後になんとなくリロードしてみると、一気にカウンタあがってるではないか!で、調べたら30HIT!
10分の間に誰が26HIT増やしたのかと。この増え方は統計学上、自然には起こらないはずだ!いや、統計学知りませんが。

要するに何に対して怒っているかというと
「なんで、26HITあげたぐらいでヤメるのかと。もっと不正を使って1000、2000と上げてくれと!」

あっ、言葉使いが乱暴でした。どうか、もっと不正に上げてください。お願いします。
 
 
仕方ないな~、暴露話しなきゃいけないのか~、困ったな~(半笑いで)。
まあ、暴露するって言ったのはカウンタを上げるためについたウソなんだけどね。
・・・・って・・・それじゃダメかな・・・?
 
 

 
・・・はいはい、わかったよ。暴露すりゃいいんだろ!(なぜかキレ気味に)
では、トリ君の暴露話第一弾を始めますか。

えーー、みなさんは携帯もしくはパソで知り合った異性のメル友がいますか?もしくはいたことがありますか?
まあ、このご時世たいていの人が経験があることでしょう。あるよね?

では、そのメル友と会ったことはありますか?
どうなんだろうなー。どのぐらいの割合の人がメル友と会ったことってあるんだろうな~。20代なら半数以上があると思うんだけどな。

さて、今回の暴露話は、トリ君がとある女性のメル友と会ったときのお話です。
今まで伏せておいた理由は、トリ君がメル友と会ったことがあるというのをあまり広めたくなかったんでね~。

じゃあ、今日はこの辺で。続きは明日ね。
と、引っ張ってみよう。

■2002/12/14 (土) 誰だ誰だ
みなさん、目をつぶってください。
そして、犯人は正直に手をあげてください。

誰が、トリ君の日記のカウンタを不正に操作しているのですか?

昨日の日記のカウンタは驚愕の29HIT。
ふーー、危なかったな~。
ちっ、惜しかった。暴露したかったのに。(どっちだよ)

というか、これだけ簡単にアクセス数上がるとちと不安。
30HIT記念の方は、いつでも暴露する準備はできてるんだけど、50HITの方は本当になるべくなら暴露したくないのよ。

と、いうことで。

すみません!50HIT記念での暴露の方は、100HITした際ということに変更させてください!
トリ君がわるうございました!うっうっ。

■2002/12/14 (土) あえてもう一度力説しておこう。
どうやら、ドラマの方の「アルジャーノンに花束を」は、来週最終回のようですな。
トリ君からみなさんへのお願いです。この最終回は(というか、このドラマ自体を)本を読む前に見ないようにしてください。

だって、この「アルジャーノンに花束を」の本は人に薦めまくりたくなるぐらい本当にすばらしい本なんだもん。今日、ねこぜに薦めたし。
ただし、この「アルジャーノンに花束を」の真の感動は絶対に本でなきゃ伝わらないものだと思う。(さらに突き進めて言うと、日本語訳じゃなくて筆者が直接書いた原作でないと伝わらない可能性もあるが。)

詳しく書くとネタばらしになっちゃうけど、絶対にドラマでは再現不可能な要素がこの本には含まれてるんだよ。(その再現不可能は要素っていうのはドラマが終わった後にでも書こうかな。)
トリ君はこの「アルジャーノンに花束を」のラストをドラマで見ないで、本で知って本当に良かったと思ったんで。もし、ドラマで最終回を見てしまったら一生、本の方は読まなかったかも知れないし。

ドラマの最終回は、もちろんまだ見てないから(もしかしたら見ないかも)、内容はわからないけれども、たとえ感動したとしても並の感動であろうと思えて仕方ない。
で、その並の感動がこの「アルジャーノンの花束を」のすべてだと思われたくない。そんな完全な形でない感動を「トリのひトリごと日記」の読者にはしてもらいたくない!(キッパリ)
 
 
さあ、「アルジャーノンに花束を」の本を読んだことのない人は、今すぐ本屋に直行して買って読んでください。
もし、この日記を読んでるのが夜中だったら、今からダンボールを引いて本屋の前に待機して、シャッターが開いたと同時に店内に滑り込んでください。
この本を読まずに死ぬのは、人生を72%は損しています。
 
 
しっかし、今、松ちゃんの本「プレイ坊主」を読んでるけどさー、途中でおもいっきり「アルジャーノンに花束を」のネタばらしになっちゃうようなこと書いてあるのな。
こっちを先に読まなくて良かった・・・。

■2002/12/13 (金) 祝22HIT
最近の更新ラッシュのおかげかどうか知らんが、昨日の訪問者数が22。
いつ以来だろうか、20超えたのは。

さて、あんまり書くことないから更新する予定なかったが、特別記念に更新するとしますか。
と思ったんだけど、ネタがちーっともない。

まあ、ないこともないんだけどね。
 
 
自分の日記を読み返して、面白いなーーと思うのは、だいたい自分の恥部を暴露してる内容のことが多いんだよなーー。
赤痢の話(2001/10/16)とか自分で読み返しても面白すぎるもん。

そんな感じの恥部話で、暴露しちゃいたいものがトリ君の胸の内にはあと2つほど秘めてるのですよ。
もうねー、おもいっきり書いてしまいたいんだが、ここまでさらけ出すのは自分でもどうかと思って、延々自粛してるんだが。

よし、こうしよう。

1日のHIT数が30行ったら、比較的穏やかな方を暴露しましょう。
50行ったらもう1個のやや過激なものを暴露しましょう。

ま、どうせ行くことないから暴露することはないだろうが。

■2002/12/12 (木) トリ君の週刊ランキング批評(やかんにコーラ編)
 1 ↑ もらい泣き /一青窈
 2 ☆ ding-dong/glider /TOKIO
 3 ☆ Make my day /倉木麻衣
 4 ↓ 大切なもの /ロードオブメジャー
 5 → 赤橙 /ACIDMAN
 6 ↓ STAND BY YOU!! /SHAKA LABBITS・175R
 7 ↑ ささやかな祈り /Every Little Thing
 8 ↑ 花園キネマ /PENICILLIN
 9 ↓ アレグロ /ACIDMAN
10 ↑ 鉄風 鋭くなって /NUMBER GIRL

1位、一窃盗。
この人、天然ボケの可能性大有り。
めざましテレビだかでこの人のインタビューみたいなのがあって、新幹線の先端が好きとか言ったんだよなー。あー、その好きな理由がムチャクチャ面白かったはずなのに思い出せねーーー。

2位、時男。
トキオはトリ君嫌いではないですよ。とりあえず、お前らはこんな曲ばっかり歌っときゃいいんだよってな曲なんで良い。

3位、蔵キーマカレー
なぜ、倉木はテレビにコメントを寄せるとき、おもいっきりカメラ目線で微動だにしないんでしょうか?確実にレコード会社に洗脳されてると思われ。

■2002/12/10 (火) まっ、まじっすか!!
夜中になんとなく「トリビアの泉」を見てた。
たいていは、どーーでもいいことや、すでに知ってることなんだけど。
衝撃的なものが1つあった。

「加納典明は、昔、ムツゴロウ王国の一員だった。」

んっ?なに?そうだったのか。
先週に「加納典明は・・・」で終わる予告があったんだけれども、絶対に「加納典明の本名は、「典明」と書いて「のりあき」である。」だと思ってたのになー。(これもホント)

でも、まあ、これぐらいはあってもおかしくないよなー。
と、思っていたら、その補足の説明でさらなる衝撃的事実が。

「ムツゴロウは1年のうち、2ヶ月しか北海道にいない。それ以外は東京の青山を拠点に活動してる。」

まっ、まじっすか!!!
ムツゴロウの動物愛はその程度だったのか!!!
じゃあ、前までテレビで「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」をやってた頃も、「あー、収録あるから北海道行って、適当に動物と戯れてとかないとなー。」ってこんな感じだったのか!!!
もう、みんな信用できねーよ、うっうっ。

まあ、、↑のようなことを書いておきながら「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」は一切見たことないが。
動物と戯れてるのを長時間見てて何が楽しいんだと思ってたんで。

■2002/12/09 (月) 今日は
なるべくニュースを見ないようにしなければ。
なぜかといえば、理由はひとつ。僕のこころのなかにただひとつ。君のこころに僕は映らない(意味不明)。

「それにしても、東京は雪に弱いですね~。」というコメントを聞きたくないから。
とりあえず、偽善者福留のコメントだけは聞かないようにしなければ。

たぶんどこかで前に書いたと思うけど。再び改めて書いておこう。
東京が雪に弱いのは当たり前なんだよ!毎年大雪が降る地域と同じように、数回しか雪が積もらないような東京で同じような対策をするのは経費の無駄なんだよ!なんでもかんでも都会のもろさ、嘆かわしさを訴えていりゃいいと思ってんだろ、コラ!
 
 
でも、あえてこれらのコメントを聞いて、「おいおい、また言ってるよ、ハハハ。」と腹を立てつつ苦笑したい気もする。(なんだそりゃ)

■2002/12/08 (日) 無理やり更新してみよう
もうねー。ダメなんですよ。

家でも学校でも、気が向いたときにちょくちょくとボンバーマンをやってたけどさー。限界が見えてきたよ。
自分はどうやってもボンバーマンでは勝ち組になれないことを悟った。

ランキング上位者のプレイは人間じゃねーよ。単純なゲームほど、神のレベルまで極めるヤツが出てくるものだからな。
とりあえず、プレイが途切れることなくどうやってチャットができるのかがわからない。

■2002/12/07 (土) うっうっうっ
「アルジャーノンに花束を」を一気に読み終えてしまった。

そして、ひさびさに泣いた・・・。
うっうっうっ・・・、なんて悲しい話なんだ。この1つ下の日記でなんて自分は愚かなことを書いてしまったんだ。

途中からある程度結末も予想できていたんだが、それでも泣けて仕方ない。

ほんとに読み終わる直前までは「あー、これで終わりか」みたいな感じだったけど、最後の10ページぐらいの文章のやり方は巧妙すぎる。ありゃ、泣くっつーの。
まさしく最後の10ページのために、それまでの450ページ強の文章があるっていう感じだな。

あっ、ちなみにドラマは最初の方の話を2回ぐらいしか見てないんで。ドラマはまだ続いてるのか?


■2002/12/06 (金) あるジャーナリストに放たれた罵声を
「アルジャーノンに花束を」を読んでるけどさー、これって原作は主人公の日記風に書かれてるんだな。

で、主人公は知的障害者でさー。最初の方は幼稚で、間違いだらけの文章を書いてるんだ。
その幼稚さや間違いの仕方が不自然でしょうがない。
例えば、

「部屋に新せつそうなしとがいてそのひとはいんくをいっぱいこぼしたしろいかーどをなんまいももていた。」

とりあえずこの文章だけでもツッコミどころ満載。
まず、「親切」という漢字を「新せつ」と「親」の方だけ中途半端に形を覚えてるということはあり得なくないか?
あと、この文章のところだけでなく「人」は、だいたいどこでも「しと」って書かれてるんだよね。でもこの文章だとその直後に「そのひとは」って書かれてるんだよな。おまえ、「しと」じゃなくて「ひと」だってわかってんじゃねーかと。

まあ、読んでて、内容がある程度理解できなきゃいけないから仕方ないんだけどさー。

■2002/12/05 (木) トリ君の週刊ランキング批評(下半身のみ日焼け編)
 1 ↑ 大切なもの /ロードオブメジャー
 2 ↑ もらい泣き /一青窈
 3 ↑ アレグロ /ACIDMAN
 4 ↑ STAND BY YOU!! /SHAKA LABBITS・175R
 5 ↓ 赤橙 /ACIDMAN
 6 ↑ Let it go! /チン☆パラ
 7 ↑ Any /Mr.Children
 8 → 地球ブルース~337~/DJDJ[for RADIO]/KICK THE CAN CREW
 9 ↑ Birthday eve 誰よりも早い愛の歌 /DEEN
10 ↓ I don’t know /NUMBER GIRL
 
  
1位、巻尺への道。
まあ、この曲のみで消えていくことは目に見えてるからね、有終の美を飾らせてあげましょう。

2位、「ひととよう」と読むらしいですよ。はい。
しっかし、ここまで露骨に、元ちとせの2番煎じと言わんばかりのヤツが出てくるとは。もう、宇多田に対する倉木とか、林檎に対するヤイコとか、そんなレベルじゃないから。
でも、世の中パクリの方が良いということが多々あるからねー。元ちとせの声の不快な部分を50%削減に成功したみたいな声です。

■2002/12/04 (水) ささいな幸せ
おとといは「ごきげんよう」で見た。
昨日は「とくダネ」で見た。
そして今日はダウンタウンの番組で見た。

わーい、3日連続でテレビで室井祐月タンが見れました。

で、「piss」っていう彼女の本を探し求めてみたが見つからず。

代わりにドラマで気になった「アルジャーノンに花束を」を買ってみた。
そんな感じでオチもなく文章の締めに失敗しました。

■2002/12/04 (水) いいともを見ての考察
西村知美の髪型がサザエさんだった。

■2002/12/04 (水) 数字の法則
「コンクリート詰めにして海に沈めてやる」

「おまえの首をへし折るぞ」

「あいつの頭をかち割ってやりたい」
 
 
さて、暴力的な表現の言葉を並べてみたけど、これらの言葉を冗談で使うヤツは世の中けっこう多い。
でも、人にとっては冗談だとわかっていても、これらの言葉が不快に思えてしまう人がいるだろう。
おそらくそう思うのは、これらの言葉が現実的な要素を含んでいるというのもあると思う。明日は我が身がそんな風になってしまうかもしれないと。

そこで提案。これらの言葉に具体的な数字を入れてみるとどうなるでしょうか。
 
 
「コンクリート詰めにして海に40メートル沈めてやる」

「おまえの首を75度へし折るぞ」

「あいつの頭を85%かち割ってやりたい」

あーら、不思議。具体的な数字を入れてるにもかかわらず、なぜだか現実から遠ざかった気がしますね。
 
 
あれ?これオレの発想じゃない気がしてきた。松ちゃんあたりが言ってそうだ。

■2002/12/04 (水) CMで
カビキラーのCMで出てきた主婦の髪の色が、カビキラーで脱色したんじゃないかという感じだった。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2002/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 期待値プラスのスロットデキレ劇場   . all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。